パワーストーンイメージ

パワーストーンとしてのアクアマリンのネックレスやブレスレット

若い頃、クリスマス前に、出逢って数カ月めのボーイフレンドに、アクアマリンのネックレスをサプライズプレゼントとしてもらったことがあります。
私は彼のことが好きでした。
心が砕けそうな時や、悲しい時、さみしい時、その小さなペンダントは私の心の支えでいてくれました。
透明な青い石の光を見つめていると、心がすうーっと透き通っていくような、浄化されていくような気分になり、心が不安な時も安らぎを与えてくれました。
その後、彼と結婚してからも、新しい習い事にチャレンジしようとした日、趣味から資格試験を受けに行った日、そのアクアマリンのペンダントを自分のお守りのようにして着けて行きました。
それは、私の力と勇気になって、私を後押ししてくれました。
しばらくしてから、さまざまな天然石には、パワーストーンとしての力があることを幼馴染の友だちから聞いて知りました。
きっと、知らない内に、あのペンダントの石は、パワーストーンとして、たくさんの力で私を守り、助けてきてくれたのかもしれない、と、感激と共に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
パワーストーンとしてのアクアマリンの効果は、コミュニケーションを潤滑にすること、疲れた心を癒す働き・・・などがあると知りました。
それから、アクアマリン、ローズクオーツ、ペリドットのコンビネーションのブレスレットをパワーストーンのお店で作ってもらいました。
明るいブルーとピンクとグリーンの淡いパステルカラーのブレスレットで、ちょうど春でしたので、春の野の花のように可愛らしく感じました。
見た目もシャーベットカラ―のアクセサリーをしているようなおしゃれ感覚で、普段からつけています。
最近ではカジュアルなお店でも、パワーストーンがおしゃれなアイテムとして並んでいるのを見かけます。
自分でも努力しながら、自然がくれたパワーのあるアイテムを身につけて、幸せになろうというポジティブな心、向上心や希望を持っている女性というのは、良いものではないかと思います。
彼は、結婚して20年目に、また違うデザインの小さなアクアマリンのペンダントをプレゼントしてくれました。
私が前にもらったものを、お守りとして大事に大事に宝石箱の奥にしまいこんでいるので、(ここぞ、という大切な時だけにお守りとしてつけているのです)普段もいつもつけていられるように、と、またプレゼントしてくれたのです。
石と同様に人も自然から産まれたものならば、まわりの人々・・・親やきょうだいやパートナー、優しい友だちなど、人の心の温かさにも、きっと良いパワーがいっぱい宿っているのではないかと感謝の気持ちでいっぱいの日々です。

Copyright(C) 2010 開運の石.com All Rights Reserved.